さつまあまてらす栽培日記

鹿児島県・薩摩半島で高糖度トマト・薩摩甘照(さつまあまてらす)をLEDを使い水耕で栽培しています。栽培日記などなど紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

ピシウム菌(2) 

こんにちは
先般、ピシウム菌についてお知らせしましたが、菌についてもう少し詳細に
説明しておきます。

本菌は藻菌類に相当するクロミスタ界に属し卵菌門のうちのフハイカビ目、フハイカビ科に
所属するとされているそうです。

トマトに関しては、主に根腐れ病や苗立ち枯れ病等を発症させます。
生存温度帯は8℃から43℃と幅が広く、最適温度は32℃から35℃と云われています。
卵胞子が浮遊し、トマトの根に付着すると発芽を行いその先端に球状胞子のうを形成して成熟すると
遊走子を放出します。この遊走子がまた水中を遊泳しトマトの根に付着し増殖するサイクルが出来ます。

通常、オクトクロスといわれるナイロン繊維上に銀の粒子をメッキした殺菌剤を使用しますが、
今回ピシウム菌の勢力の方が強かった事になります。
異常に対する感度の高さが要求される事になりますね。
今は養液を総入れ替えして様子を見ている所です。

さて、植物栽培用LEDランプを使用した栽培を進めている事を紹介しましたが、
その後の状況を少しコメントしておきます。DSCF5486-1.jpg
この写真は今回実験している苗の状態を並べて上方から取った写真です。
判りにくいかもしれませんが、葉の色が違う事が確認できるかと思います。
来週定植を予定していますので、その段階でまた写真はアップします。
スポンサーサイト
( 2012/09/11 08:39 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さつまあまてらす

Author:さつまあまてらす
鹿児島の薩摩地方で高糖度トマトを栽培しています。
南さつま市加世田の方で新しいハウスで栽培を始めました。
美味しいトマト作っていきます。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。